「希望郷いわて国体」が開幕。総合開会式で小旗を振りながら入場行進する佐賀県選手団=岩手県の北上総合運動公園

 第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」は1日、岩手県で本大会が開幕した。同県北上市の北上総合運動公園北上陸上競技場で総合開会式があり、佐賀県選手団は晴れやかに入場行進した。

 開会式には各都道府県の選手団約4600人が参加した。県選手団は、旗手を務めたバドミントン成年男子の今給黎(いまぎいれ)将之選手(佐賀女子高教)を先頭に選手や監督、本部役員の計61人が行進、健闘を誓った。

 競技は11日まで。県勢は9月に行われた水泳を含めた33競技に選手・監督374人が参加しており、2日から熱戦をスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加