鳥栖FW富山(中央)に記念パネルを手渡す川久保礼子さん(右)。左は佐賀新聞社の中尾清一郎社長=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 佐賀新聞社がインターネットのサポーター投票をもとに選出する月間MVPの表彰式がベガルタ仙台戦前に行われ、9月の月間MVPに輝いたFW富山貴光(25)にプレー写真の記念パネルが贈られた。

 プレゼンターは佐賀新聞社の中尾清一郎社長と、応募者の中から抽選で選ばれた伊万里市の福祉施設職員川久保礼子さん(44)が務めた。川久保さんは「天皇杯のスーパーゴールと古巣の大宮戦でのPKにしびれた」と富山に投票。「何かやってくれそうな雰囲気がある。ゴールを量産して次の鳥栖のエースになってほしい」と期待した。

 富山は今季、大宮から加入。前節の大宮戦で、試合序盤に自ら得たPKから貴重な先制点をたたき込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加