明治安田生命J1リーグ戦第2ステージ第14節は1日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで9試合があり、サガン鳥栖はベガルタ仙台に2-3で競り負けた。第2ステージは6勝4分け4敗(勝ち点22)で8位に後退、年間順位も12位に下がった。

 鳥栖は相手FWハモンロペスにハットトリックを献上。FW豊田、MF高橋が得点し追い上げたが及ばなかった。

 首位の浦和はG大阪に4-0で快勝し勝ち点を34とした。川崎が神戸に0-3で敗れたため年間順位でも首位に立った。神戸は2位に浮上した。年間最下位の福岡は名古屋に大敗して16位以下が確定、来季J2降格が決まった。横浜Mに大敗した甲府は年間16位に後退。大宮は鹿島を下した。新潟は磐田、FC東京は広島に競り勝った。湘南-柏は引き分けた。

 第15節は22日。鳥栖は午後2時から千葉県柏市の日立柏サッカー場で柏レイソルと対戦する。

〈 きのうの成績 〉

仙 台3-2鳥 栖

浦 和4-0G大阪

名古屋5-0福 岡

新 潟2-1磐 田

神 戸3-0川 崎

F東京1-0広 島

大 宮3-1鹿 島

湘 南0-0 柏 

横浜M4-0甲 府

 

得点ランキング(1日現在)

(1)レアンドロ(神)19

(2)ウタカ(広)18

(3)小林(川)15

(3)大久保(川)15

(5)クリスティアーノ(柏)14

(6)ジェイ(磐)13

(7)豊田(鳥)12

(7)興梠(浦)12

(7)ディエゴオリベイラ(柏)12

(7)渡辺(神)12

(11)武藤(浦)11

このエントリーをはてなブックマークに追加