12年ぶりの保守分裂選挙となった佐賀県知事選を制した元総務省過疎対策室長の山口祥義(よしのり)氏(49)が12日、佐賀新聞社のインタビューに応じた。山口新知事は「選挙が終わればノーサイド。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加