■「県民と手取り合い」 前職の任期途中の辞職に伴う佐賀県知事選で初当選した元総務省過疎対策室長山口祥義氏(49)は一夜明けた12日、早朝から神社で当選報告し、報道各社の取材をこなした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加