認知症で徘徊(はいかい)する高齢者らを交通事故から守るため、佐賀県バス・タクシー協会(金子晴信会長、68団体)は5日、県警と相互協力の覚書を交わした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加