■新会員加入活動に力 証言や資料収集へ 広島、長崎で被爆した親や祖父母を持つ「佐賀県原爆被害者2世・3世の会」に今夏、新たな会員が加わった。原爆投下から70年。被爆者は高齢化し、年々減少しつつある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加