台風18号 2日21時現在

 非常に強い台風18号は2日、発達しながら沖縄の南海上を北寄りに進んだ。3日夜から4日にかけて沖縄や奄美に接近。東シナ海を北上し、5日朝には九州北部地方に近づく見込み。気象庁は暴風や高波への警戒を呼び掛けている。

 台風接近に伴い、3日夕から4日にかけて沖縄や奄美で1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。日航や全日空などは、3日は那覇発着便を中心に計200便以上の欠航を決めた。

 気象庁によると、台風18号は2日午後9時現在、沖縄の南を時速約30キロで北西へ進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加