太陽が西に下りはじめる辻(分岐点)がちょうど「未の刻」、つまり「日辻の刻」ということから「ヒツジ」という音が生まれたらしい。 元日から雪が降り積もる中、友人、家族とともに、鬼が鼻まで登った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加