ソフトボール少年女子1回戦・佐賀-北海道 粘投した先発の今村みなみ(佐賀女子高)=岩手県の石鳥谷ふれあい運動公園

■7回に痛恨同点打

 ソフトボール少年女子に出場した佐賀女子高は、1回戦で北海道代表のとわの森三愛高に2-3で逆転負け。主戦今村みなみの粘投で七回2死まで2-0とリードしながらも、最後は延長特別ルールで敗れた。

 2点リードで迎えた七回。2死一、二塁と勝利までアウトカウント一つとなった場面で、「勝ちを意識してしまった」(津上さおり監督)。粘投していた今村のインコース高めの球がはじき返され痛恨の2点適時打を浴びると、その後は一度相手に傾いた流れを止めることができなかった。

 今村は「また来年、投手陣が頑張って強いチームを作ってほしい」と後輩たちに日本一の夢を託していた。

 ▽少年女子1回戦

佐 賀(佐賀女高)

00100100─2

00000021x─3

北海道(とわの森三愛高)

(タイブレーク八回)

(佐)今村―永渕

(北)山根、渡辺、山根―神、佐藤、神

▽二塁打 中溝2、武富、塚本(以上佐)武井(北)

=2016 希望郷いわて国体 第2日=

このエントリーをはてなブックマークに追加