四段大会を制した福田正隆さん=佐賀市駅前中央の日本棋院佐賀中央支部

 第39期佐賀県アマ囲碁最強者戦(佐賀新聞社主催)の四段大会が2日、佐賀市駅前中央の日本棋院佐賀中央支部で開かれた。決勝戦は福田正隆さん(69)=鳥栖市=が、門出政則さん(68)=佐賀市=に中押しで勝ち、頂点に輝いた。また、大会最年少の武雄青陵中1年の小柳勇太さん(12)=嬉野市=が3位と健闘した。

 大会には県内の中学生から80代まで48人が参加し、盤上で熱戦を繰り広げた。決勝は握って福田さんが先番。四隅をお互いに星打ちでスタート。序盤の競り合いで黒石の運びが重く、白番の門出さんが厚みを築いて有利な形勢になり、福田さんは下辺に模様を張り対抗した。

 中盤、門出さんが右辺に割り打ったが、その前に中央の勢力の分かれ目となるハネを打つチャンスを逸し、白の緩着を突いて逆に黒が白を圧迫。コウ争いで生きたものの白模様が消え、一気に形勢が逆転した。その後も福田さんが堅実な打ち回しを見せ、快勝した。

 福田さんは大会初出場。「まさか優勝するとは思わなかった。冷静に打てたのが良かった」と振り返り、「パラマス戦へ出場するチャンスを頂いたので、次回も一生懸命打ちたい」と抱負を語った。

 五段大会と次回のパラマス戦は12月4日に開催する。

 成績は次の通り(敬称略)。

 ▽1回戦勝者 田中建吾(佐賀市)辻博俊(同)下川浩身(小城市)後藤修一(佐賀市)福田正隆(鳥栖市)永渕広明(同)松尾東樹(佐賀市)諸石昌信(同)久石祥浩(神埼市)長澤宣之(佐賀市)徳富喜代次(小城市)阿部紀夫(佐賀市)古賀隆(同)山下勝(同)田中祐二(神埼市)門出政則(佐賀市)

 ▽2回戦勝者 渡邊徹(佐賀市)松尾幸夫(同)岡島正治(小城市)後藤修一、福田正隆、永渕広明、古賀基喜(鳥栖市)牟田口道晴(佐賀市)小柳勇太(嬉野市)副島保臣(佐賀市)吉良虎次郎(鹿島市)阿部紀夫、横尾紋太郎(佐賀市)山下勝、田中祐二、門出政則

 ▽3回戦勝者 松尾幸夫、後藤修一、福田正隆、古賀基喜、小柳勇太、吉良虎次郎、横尾紋太郎、門出政則

 ▽準々決勝

松尾 幸夫 中押し 後藤 修一

福田 正隆 時間切 古賀 基喜

小柳 勇太 中押し 吉良虎次郎

門出 政則 6目半 横尾紋太郎

 ▽準決勝

福田 正隆 20目半 松尾 幸夫

門出 政則 9目半 小柳 勇太

 ▽決勝

福田 正隆 中押し 門出 政則

 ▽3、4位決定戦

小柳 勇太 中押し 松尾 幸夫

 ▽5、6位決定戦

横尾紋太郎 中押し 古賀 基喜

 ▽7、8位決定戦

後藤 修一 中押し 吉良虎次郎

 ▽パラマス戦

井口 由人 中押し 松田 彩李

(三段(1))     (二段(4))

石田 正彦 不戦勝 成清 博久

(二段(3))     (三段(2))

釘崎 正弘 30目半 秀島 新一

(初段(3))     (三段(3))

狩峰 初好 2目半 甲斐 正文

(三段(4))     (二段(1))

このエントリーをはてなブックマークに追加