鳩山内閣は10日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先をめぐる米国との調整作業から、在米日本大使館や外務省の幹部を排除する方針を固めた。協議の場も原則として日本国内とする。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加