佐賀の「空の玄関口」となる県営の佐賀空港(愛称・有明佐賀空港、佐賀郡川副町)が二十八日、華やかに開港した。午前九時二十一分、大阪(伊丹)発の一番機が大勢の県民の歓迎を受け、二千メートルの滑走路に着陸。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加