インターネットサイト「hasunoha」の共同代表・井上広法さん=宇都宮市の光琳寺

僧侶が悩み相談に答えるインターネットサイト「hasunoha」

 僧侶が悩み相談に答えるインターネットのサイト「hasunoha(ハスノハ)」が人気を集めている。宇都宮市の光琳寺副住職井上広法さん(36)らが2012年に立ち上げた。僧侶ならではの的確でユニークな回答が評判を呼び、今では質問を制限するほどだ。

 「人間関係がめんどくさすぎる」

 「仏様の目は『半眼』といって、半分開いて、半分閉じています。良いところはよく見て、悪いところはほどほどに」

 サイトの「問答(Q&A)」ではこんなやりとりが交わされている。回答者は全員、僧侶。全国から宗派を超えて集まった約150人だ。

 井上さんは11年11月、IT業界の男性から知人を介して話を持ち掛けられた。日頃から「人とお寺をどうつなげていくか」と思案しており、構想に賛同。翌12年11月、サイトを開設して共同代表になった。

 当初は鳴かず飛ばずで質問数がゼロの月もあった。ところが今年2月、「ソーシャルゲームがやめられない」との悩みに、ある僧侶がゲームをやめた自身の経験を踏まえて答えると、ツイッターなどで「お坊さんもソシャゲするんだ」と話題に。一気に注目を集めた。

 以後、アクセス数が急増。回答は2万件を超え、第三者も見ることができる問答欄に設けられた「有り難し」ボタンのクリック件数は、28万件を突破した。現在、1万人以上が質問待ちの状態という。

 「お坊さんをいかに集めるかがネックになっている」と井上さん。「待っていただくことになりますが、自分の悩みに似た問答を参照していただければ。『悩んでもハスノハがあるから大丈夫』という、心のセーフティーネットになってほしい」と話している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加