チマチョゴリで記念撮影(2日目)

■礼智院など訪問

 日韓文化交流基金が進める「対日理解促進交流プログラム」の日本中高生訪韓団として、県内の高校生45人が9月25日~10月2日、韓国を訪問しました。訪問先での様子を引率の先生「toku」さんが佐賀のSNS「ひびの」にアップしましたので紹介します。

 ▼tokuさんの日記【初日】「ソウル神学大学の学生ボランティアによるNソウルタワーの案内などがあり、独学で学んだ韓国語で話しかける生徒も多く見られ、意識の高さがうかがえました」

 ★鳥栖高校1年・川内野桃子★「勇気を出して話してみると、皆いい人ばっかりで心が和んだ。ハングルで書かれた看板がたくさんあったりして、非日常的な光景に驚きと感動を隠せなかった」

 ★伊万里高校2年・坂本結★「戦車がいつでも通れるように道が広くひらけていたり、たくさんの発見がありました」

 ▼tokuさんの日記【2日目】「国立国際教育院で韓国の生活用語とキムチ作りを教わり、徳島県の中学生訪韓団と歓迎茶菓会も開きました。韓国語通訳のガイドさんや大学教授を見て、『かっこいい!』と憧れる生徒がいました。

 訪問した礼智院では伝統的な民族衣装であるチマチョゴリなどの韓服を着て韓国の礼儀や作法を学びました。1番楽しみにしていた生徒もおり、たくさん写真を撮っていました」

 ★武雄高校1年・山口阿未★「死ぬまでに絶対1回は(韓服を)着ると決めていたのでうれしかった。新婦の服は重ね着みたいで、ほっぺたやおでこに赤いシールをはって、あざやかだった」

 ★致遠館高校1年・吉冨綾花★「教育院の女性の『(日本と韓国は)地理は近いけれど、心は遠い』という言葉が印象に残りました。K-POPなどの韓流(はんりゅう)文化も日本に浸透しつつありますが、韓国の歴史や衣食住の文化はあまり知られていません。表面だけでなく根本を知ること、伝えていくことが研修で求められていることなのかもしれません」

このエントリーをはてなブックマークに追加