■核廃絶議論主導を目指せ 広島、長崎に原爆が投下されて今年で70年になる。6日に広島で記念式典が開かれ、松井一実市長は平和宣言で「自らの問題として真剣に考えて」と全世界に核兵器廃絶への決意を促した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加