7月上旬に就任し、あいさつ周りで佐賀県を訪れた福岡国税局の垣水純一局長(54)。初めての九州勤務で、佐賀、福岡、長崎の北部九州3県を管轄する。適正な課税やマイナンバー制度への対応などを課題に挙げる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加