なぎなた成年女子試合2回戦・佐賀-石川 コテを2本決めて快勝した先鋒の江越由季=岩手県の一戸町体育館

 高校時代に全国制覇を経験した精鋭が集ったなぎなた成年女子試合は、1、2回戦を突破して3回戦に進出。小形紗衣香(諸富中)、江越由季(盲学校)のベテラン2人が奮闘し、上位進出へ向けて好発進した。

 先鋒(せんぽう)の江越が果敢な攻めで流れをつくった。兵庫県との1回戦で延長の末にメンを決めて競り勝つと、2回戦でも石川県を手数で圧倒。最後まで攻め手を緩めず二本勝ちした。

 2戦2勝でチームの勝利に貢献した小形は「判定勝ちじゃすっきりしない。あしたは一本決めて勝ちたい」。山本智子監督も「勝負はここから」と、最終日に向けて気を引き締めていた。

 ▽成年女子演技1回戦

埼玉(土田、篠塚) 5-0 佐賀(小形、江越)

 ▽同試合1回戦

    佐賀 2-1 兵庫

○江越(3) メ-  浅沼(3)

○小形(3) 判 定 椋野(2)

 楠田 1   -ス 大友(4)○

 ▽同2回戦

    佐賀 2-1 石川

○江越(3)ココ-  大工(2)

○小形(3) 判 定 山田(3)

 楠田 1   -ス 川合(4)○

=2016 希望郷いわて国体 第3日=

このエントリーをはてなブックマークに追加