ダンサーの岩下徹さん(c)清水俊洋

打楽器奏者の関家真一郎さん

 国際的な舞踊集団「山海塾」ダンサー岩下徹さんと佐賀市の打楽器奏者関家真一郎さんの即興セッションが8日午後3時から、佐賀市神野東の「CASASAGA(カーサ・サガ)」で行われる。ダンスとリズムの融合による一期一会の公演が堪能できる。

 CASASAGAは一軒家を拠点に、佐賀のアートシーン活性を目指すプロジェクト。セッションでは室内や庭を舞台に約1時間、2人が即興で掛け合う。公演後は佐賀大准教授の花田伸一さんが加わり、2人とアフタートークを行う。

 岩下さんは1957年、東京出身。82年から石井満隆ダンスワークショップで即興を学び、83年にソロ活動開始。日本ダンスセラピー協会顧問などを務める。

 関家さんは作陽音楽大卒。ソロやアンサンブルのほか九州交響楽団への客演、室内楽、吹奏楽など幅広いジャンルで演奏活動を行っている。

 入場料3000円(コーヒー付き)。定員30人で事前申し込みが必要。問い合わせはゼルプスト、電話090(6638)0532。アドレス kazuera@jcom.home.ne.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加