■平和の尊さ胸に刻んで 広島原爆の日の6日、県内各地の小中学校では平和集会や慰霊祭が開かれた。被爆体験者や戦時中を知るお年寄りから話を聞き、平和について考え、守る気持ちを新たにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加