旧制高校には、そこが学舎(まなびや)だった人にとっては忘れがたい、独特のものがあったらしい。「これではクラス全体が哲学科志望なのかと錯覚をおこすほど、誰もがひとかどの哲学青年であった」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加