杵島郡白石地区の超早場米「七夕コシヒカリ」の出荷が7日から始まった。梅雨が長引いた影響で実の成熟はやや遅れたが、品質、収量とも上々で、関係者は期待を寄せている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加