原発から出る使用済み核燃料の再処理を担う認可法人「使用済燃料再処理機構」が3日、発足し、青森市に本部事務所を開設した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加