非常に強い台風18号は4日、東シナ海を北上した。暴風域を伴って対馬海峡から山陰沖を進み、5日夕から6日にかけて北陸から東北にかなり接近し、上陸する恐れがある。気象庁は、5日にかけて西日本を中心に非常に強い風が吹くとして、暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。 

 台風18号は4日午後9時現在、東シナ海を時速約30キロで北へ進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

 5日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州北部40メートル(60メートル)、中国30メートル(45メートル)、近畿と北陸25メートル(35メートル)、四国23メートル(35メートル)。5日午後6時までの24時間予想雨量は、九州北部で180ミリ、九州南部と四国で150ミリとなっている。

 佐賀地方気象台によると、台風18号は5日朝から昼前にかけて佐賀県に最接近する見通し。予報円の中心を通った場合、5日未明から風速15メートル以上の強風域に入り、唐津市など県北部が昼前に暴風域に入る恐れがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加