ろ漕ぎレースで競り合う参加者たち=伊万里市波多津町

 伊万里市波多津町の波多津港で2日、「波多津みなと祭り」が開かれた。ろ漕(こ)ぎ船のレースや花火大会などがあり、市内外からの大勢の来場者でにぎわった。

 海と港をテーマにした地域おこしイベント。来場者は、アジやタイ、イカ、クルマエビなど伊万里の海の幸をバーベキューで味わいながら、多彩なプログラムを楽しんだ。チーム対抗のろ漕ぎレースでは思い通りに進まない船が続出する中、地元の区長会チームがベテランの技を発揮し、優勝を果たした。ステージでは「多久ちんどん芸能隊」が南京玉すだれを披露し、祭り気分を盛り上げた。

 日が暮れるまで祭りを楽しんだ後、フィナーレは打ち上げ花火。約30分にわたって港の上空に大輪の花が咲いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加