佐賀学園高吹奏楽部の演奏などでオープンを祝った佐賀市青少年センターの開所式=佐賀市松原のバルーンミュージアム3階

 佐賀市松原のバルーンミュージアム3階に移転した佐賀市青少年センターが1日、開所した。仕切り付きの個別学習室(28席)や友人らと雑談できるフリースペース、ドラムやキーボード、アンプなどを備えバンド練習ができる音楽練習室などがあり、初日から多くの高校生が利用に訪れた。

 開所式がセンターであり、関係者約70人が出席した。佐賀市の東島正明教育長は「ニートや引きこもり、不登校などさまざまな問題がある。今後の佐賀市青少年の健全育成の拠点としたい」とあいさつした。佐賀学園高吹奏楽部による演奏でオープンを祝い、佐賀第一ライオンズクラブから寄贈されたドラムセットも紹介された。

 午前9時から開所し、勉強に訪れた高校生らで受け付けに列ができた。佐賀西高3年の石橋妹了有(まりあ)さん、坂本日菜乃さんの2人は「移転前は行ったことがなかった。きれいで居心地がいいので、毎日のように勉強に来たい」と喜んだ。

 青少年センターは、成章町から移転した。ダンス練習用の大きな鏡のある多目的室や調理室、吹奏学や合唱の練習ができるピアノを備えた音楽室などもある。30歳未満の青少年は音楽練習室と冷暖房の使用料を除き無料で利用できる。月曜から土曜は午前9時から午後9時、日曜祝日は午前9時から午後6時まで。県警少年サポートセンター相談窓口も併設している。

 問い合わせは同センター、電話0952(24)2331。

このエントリーをはてなブックマークに追加