佐大附属小の6年生とその保護者約100人が2日、多久市の納所交流センター「くつろぎ」で夏祭りを開いた。自分たちで真竹を加工して作った器を使い、流しそうめんを楽しんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加