政府は4日、国家戦略特区の諮問会議を開き、北九州市の空き家を宿泊施設として活用して観光客を有料で受け入れる「民泊」事業の規制緩和策を正式に認定した。民泊は東京都大田区と大阪府で既に認められている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加