◆将来は日韓の懸け橋に

 日韓文化交流基金が進める「対日理解促進交流プログラム」の日本中高生訪韓団として、県内の高校生45人が9月25日~10月2日、韓国を訪問しました。訪問先での様子を引率の先生「tokuさん」が佐賀のSNS「ひびの」に日記をアップしましたので紹介します。

 ▼tokuさんの日記【5日目】「大好きなものに囲まれた韓国での生活に随分と慣れてきました。「ミュージアム・キムチカン」(キムチ文化紹介施設)でキムチ作りを体験し、仁寺洞(インサドン)、明洞(ミョンドン)、ロッテマートで自由研修を行い、街を実際に歩くことで感じるものがあったと思います」

 ★致遠館高校2年・大野七海★「毎回の食事にキムチがあることにとても驚いた。写真を撮るときの合言葉もキムチで、私が思っていた以上にキムチ文化でした」

 ▼tokuさんの日記【6日目】「韓国民俗村と国立国際教育院へ行きました。民俗村は農楽、馬上武芸、国楽B-boy、伝統婚礼の公演を見学し、笛作りと弓道を体験しました。教育院での修了式では、研修を通して文化やライフスタイルの違いを実感でき、自分の語学力・コミュニケーション能力を再認識できたようです。学校の中心となって引っ張っていく存在になってくれることを期待します」

 ★鹿島高校1年・江頭日向子★「修了式で別れが迫っているのを感じ、1週間しかみんなと過ごしていないけど、別れがとても辛かったです。毎日が充実した1週間でした。この企画に携わった皆様に感謝して、最後の1日を終わらせたいと思います」

 ▼tokuさんの日記【最終日】「最後に世界文化遺産・景福宮へ行きました。600年前に当時の王様が歩いた石畳が今も変わらず保存されてあり、全員で踏みしめてきました。

 空港では、大学生スタッフやガイドさんと別れたくない、また、日本に帰りたくない生徒が多く、時間ギリギリまで別れを惜しんでいました。生徒たちはたくさんの貴重な経験をさせていただきました。今回の研修をきっかけにしっかり勉強して、将来の日韓関係の懸け橋となって活躍してくれることを願っています」

=メディアティーンズさが=

このエントリーをはてなブックマークに追加