頂点に限りなく近い準優勝と言っていい。新体操男子団体で真っ先に登場した神埼清明。演技を終えると、6人は抱き合って喜んだ。得点は19・050点。会場がざわついた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加