神埼市千代田町出身の作家、下村湖人(1884~1955年)の業績をたたえる「生誕132年祭」が3日、神埼市の千代田東部小であった。児童が湖人の代表作『次郎物語』の演劇を披露し、遺徳をしのんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加