筆者の名前も知らない。顔も知らない。100字に満たない文章を20年来、折りにふれて思い起こす。阪神大震災の体験をつづった神戸市の中学1年生の作文だ◆「お姉ちゃんはだめだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加