トラックの内輪差で巻き込まれる自転車を再現するスタントマン=鳥栖市の田代中学校

 鳥栖市の田代中(大石達弘校長、660人)で4日、自転車交通安全教室(JA共済連佐賀、JAさが主催)が開かれた。スタントマンが自転車走行中の交通事故を再現してみせ、生徒たちは事故の怖さを疑似体験した。

 ドラマや映画などで活躍するプロのスタントマンが、交差点で一旦停止を怠った自転車がバイクと衝突したり、トラックの内輪差で自転車が巻き込まれたりするなど実際に起きた事故を再現した。

 鳥栖警察署員による講話では、同署管内でことし5人が交通事故で死亡し、うち2人は自転車に乗っているときの事故だったとして注意を呼び掛けた。

 田代中では380人が自転車通学している。最後に生徒代表の3年生の白濱龍之介さん(14)が「この教室で学んだことを生かして自転車に乗りたい」とお礼を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加