原子力規制委員会は5日、定例会合を開き、運転開始から40年を迎える関西電力美浜原発3号機(福井県)が新規制基準を満たしているとして、審査の合格証となる「審査書」を正式決定した。

 老朽原発の審査合格は、関電高浜1、2号機(福井県)に次いで2例目。東京電力福島第1原発事故後に改正された原子炉等規制法で、原発の運転期間を原則40年と定めたルールの形骸化が進んでいる。

 会合後に記者会見した規制委の田中俊一委員長は「一つのヤマ場を越えた」と述べたが、「稼働まで相当先が長い道のりになるだろう」と見通しを語った。

 再稼働には、美浜3号機の運転開始から40年となる11月末までに、設備の詳細設計をまとめた工事計画と運転延長についても、規制委の認可を受ける必要がある。関電は、再稼働のための安全対策工事の完了を2020年春ごろと見込んでおり、再稼働はそれ以降になる見通し。

 工事では、施設に張り巡らされた電気ケーブルを燃えにくくするほか、重大事故時の対応拠点となる緊急時対策所を新設する。関電は工事に約1650億円かける計画。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加