■「敗れた歴史」直視せず 主義主張で変わる解釈 1945(昭和20)年8月15日正午。「君が代」の吹奏に続いてラジオから流れてきたのは、初めて聞く天皇の声だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加