膨張し続ける東京電力福島第1原発の事故処理費用をどうするか。経済産業省の有識者会議が始まった。当初は11兆円規模と見込んでいたが、廃炉費などが増大し、さらに巨額の追加負担が必要になるとみられる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加