馬術成年女子自由演技馬場馬術 人馬一体となり、華麗なステップを踏む古賀千尋とアンパイア=岩手県の水沢競馬場

 成年女子自由演技馬場馬術の古賀千尋(久光製薬)は、騎乗するアンパイアに流血が見られたことから失権となった。上位入賞を期していただけに古賀は「去年よりも楽しく乗れて自信があったのに」と愛馬に寄り添いながら残念がった。

 3番目での演技を終えたところでアンパイアが口元から出血しているのを確認した。競技規定で馬体から鮮血を確認すると、いかなる場合でも失権となる。「周りを囲む柵が風で倒れ、びっくりして唇をかんだと思う」と古賀。思わぬハプニングだった。

 予期せぬ幕切れとなったが、馬場馬術では8位入賞した古賀。来年の国体を見据え「これからもアンパイアと一緒に成長し、また戦いたい」とリベンジを誓った。

 ▽成年女子自由演技馬場馬術(得点率)古賀千尋(アンパイア)=失権

=2016 希望郷いわて国体 第6日=

このエントリーをはてなブックマークに追加