被爆の悲惨さ伝え続けたい 核兵器廃絶に向けて活動する高校生平和大使 ■今年は被爆70年、戦後70年。戦争の記憶の継承が難しくなる中、節目の年に高校生平和大使を務める。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加