県産品を使ったメニューが出され、試食する人でにぎわった香港での佐賀県PRイベント=香港の和食店(佐賀県提供)

 香港で佐賀牛や県産ノリ、日本酒などをPRするイベントと商談会が6日、現地の和食店で開かれ、山口祥義知事らが香港での県産品の消費拡大と観光での佐賀訪問を呼び掛けた。

 イベントは県とJAさが、佐賀銀行が企画した。県内からJAさがのほか、食品関連企業8社が自慢の逸品を紹介した。

 会場には現地レストランのシェフやメディア関係者ら約100人が出席。県内蔵元の日本酒で鏡開きをした後、有田焼の酒器で乾杯し、佐賀牛の炭火焼きや生ノリ、県産ノリと米を使ったおにぎりなどが振る舞われた。

 山口知事は「香港への佐賀牛輸出は今年10年目。ほかに梨やイチゴ、日本酒など輸出品目が増えているが、県内にはまだ魅力的な商材がある。ここでさまざまな県産品を知っていただき、さらに多くの県産品が香港で取り扱ってもらえれば」とPRした。

このエントリーをはてなブックマークに追加