武雄地方で産業として焼き物が作られるようになるのは16世紀末の文禄・慶長の役の際、武雄領主が連れ帰った朝鮮陶工が窯を開いてからのことです。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加