JR九州は6日、株式上場に伴う売り出し価格を1株当たり2400~2600円にする仮条件を発表した。今後、投資家の需要を把握し、17日にこの範囲内で正式な売り出し価格を決定。25日に東京証券取引所に上場する。

 仮条件は、機関投資家への聞き取りを基に決めた。上場承認時の想定売り出し価格は2450円だった。仮条件と発行済み株式数から試算した時価総額は3840億~4160億円。

 JR九州によると、投資家への聞き取りでは「駅ビルや不動産事業の収益性が高く、今後も成長が期待できる」と評価する声がある一方、人口減少で客足に影響を受ける鉄道事業の収益改善を経営課題に挙げる意見もあった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加