少ない好機をものにした砥川少年が呼子シールスを破った。 砥川少年は三回2死二、三塁の好機で、4番鴨打の打球で相手守備が乱れる間に2点を挙げ逆転。さらにこの回1点を加えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加