■「革新と発展」132点物語る 1610年代に日本初の磁器生産として始まった有田焼の歴史を、数々の名品で紹介する特別企画展「日本磁器誕生」が7日、西松浦郡有田町の県立九州陶磁文化館で始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加