軍艦、戦車、クラシックカーのほかアニメのロボットなど、世代やジャンルを超えた多彩な作品が並ぶ展示会=佐賀市立図書館

 模型愛好家による作品展が、佐賀市天神の佐賀市立図書館で開かれている。軍艦、飛行機やアニメのロボットやキャラクターなど力作約300点を展示。塗装の工夫や自作パーツで本物さながらの迫力を引き出している。入場無料。10日まで。

 「佐賀模型愛好会 ぽんコツ倶楽部」(楢崎健治会長)が主催。友好団体に作品提供を呼び掛けた。戦艦「霧島」の巨大模型や、大和型戦艦を改装した幻の航空母艦「信濃」、映画「トップガン」の世界を意識した米軍戦闘機の特集、「ガンプラ」と呼ばれる機動戦士ガンダムと、幅広い世代・分野の作品が並ぶ。楢崎会長は「実機の映像と見比べながらさびや塗装のはげ方まで忠実に再現する、細かい仕事をみてほしい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加