「うたた寝をしちまった。うう寒い。風邪ひいちゃ大変だ。小便して寝ちまおう…」は落語「富久」の久蔵のせりふ。八代目桂文楽がこれを演じる時、客は背筋にゾクッときて身震いした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加