第95回全国高校サッカー選手権大会佐賀大会が9日、開幕する。37校が出場、12月下旬から首都圏で開催される全国大会への切符を懸けて熱戦を展開する。準決勝は29日午前11時と午後1時半、決勝は11月6日午後1時から、ともに佐賀市の県総合運動場陸上競技場である。

 大会を前に、出場チームと選手を紹介する。

【Aブロック】

 連覇を狙う第1シードの佐賀北がリード。県総体は4強で涙をのんだが、主将のMF中島ら昨冬の全国大会を経験したメンバーが残り戦力は十分だ。追いかけるのは、攻撃力が持ち味の唐津商。その唐津商と初戦で戦う小城にも力がある。

【Bブロック】

 ここ数年で着実に力をつけている第4シード龍谷は初優勝を見据える。昨年の国体を経験したMF柳迫を中心に安定したゲームを展開する。対抗馬は過去19度の優勝を誇る佐賀商。粘り強い守りからのカウンターで勝負する。

【Cブロック】

 昨年準優勝の第3シード佐賀学園が軸。主将のDF大坪を中心に攻守のバランスが取れている。初戦の入りが大事になりそうだ。県総体8強でシードを獲得した清和も侮れない。堅守速攻を武器に少ない好機をものにして初の頂点を目指す。

【Dブロック】

 県総体で頂点に立った佐賀東が2年ぶりの王座奪還を期す。決定力のあるFW川内を中心に勝負強さが光る。新人戦準優勝の塩田工は県総体準々決勝で佐賀東にPK戦の末に惜敗した。雪辱に向けて、一戦必勝で上位を目指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加