佐賀県は昨年7月、玄海原発から半径30キロ圏内にある全ての医療機関や福祉関係の約240施設、入所者ら約8千人分の避難計画を取りまとめた。現在は約260施設に増えたが、ほぼ策定は終えている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加