正月休みに手にした本は『鉄の骨』。ドラマ「半沢直樹」などで知られる池井戸潤が手掛けた建設業界の談合をテーマにした小説だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加