核燃料が溶け落ち、大量の放射性物質が発電所の外に放出された。住民は目に見えない汚染におびえ、住み慣れた土地を奪われた。 あの事故から、4年5カ月。九州電力川内原発(鹿児島県)が再稼働した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加