災害現場に救助へ向かう人たちが気にかける時間がある。発生から72時間。これを超えると生存率が一気に下がる。多くの経験から導き出された「72時間の壁」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加